Up To The Blue Sky
日々の階段を一歩ずつ上り 想い描いた未来へ歩いていこう 永遠に旅立つその日まで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お腹ぱんぱん
ひょんなことから牛角で焼肉5品食べ放題をやっているという情報をキャッチ。
さっそく友達5人を誘って行って参りました。

40分くらい並んでやっと席に着き、いざ食べ放題スタート。
最初の注文を皮切りに食べる食べる食べまくる。
網の上は常にお肉が満杯で、空くのは網交換のときのみ。
男5人+女1人で猛烈な勢いで食べ続けた。

けっきょくトータルで焼肉42人前を完食。
他にご飯大盛1杯とデザートをそれぞれ食べた。
胃が張り出して位置がはっきりわかってしまうほど。
もう食えん…。

今度は何の食べ放題に行こうかね~?
スポンサーサイト
ばんそうこう
Yahoo!ニュース出てたこの記事。
周りの友達と数分間盛り上がりました。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/katei/news/20060920ddm013100156000c.html

オレの中での定番はバンドエイド。
ばんそうこう、カットバンとも言ってたな。
サビオなんて初めて聞いた。
広島出身の奴も知らないって言ってたけど…。

いろんなものに地域それぞれ呼び方があってなかなかおもしろい。
牛丼
どのチャンネル見ても吉野家の牛丼再開のニュースばかり。

12時間前から並んだ東大大学院生、凄すぎるぞっ。
たかが牛丼1杯にそこまでするなんて…。
人生で初めて東大生を自分よりちょっぴり下に感じた瞬間でした。

いかん、こんな話してたら牛丼食べたくなってきた。
次は10月1日。
気が向いたら行ってみるかね。
秋篠宮家に生まれた新宮様。
きのうやっと名前が決まりました。
ななななんと、オレと同じ



の字を使ってるではあ~りませんかっ
こりゃ立派な人間になるな、絶対。
浅原神社秋季大祭奉納花火大会
新潟県小千谷市片貝町で行われる全国でも超有名な花火大会。
ここの花火は観光目的で開催される他の花火大会とはちょっと意味合いが違う。
奉納花火といって、子供の誕生、成人・還暦・米寿などの祝い、健康祈願などそれぞれ想いを込めて浅原神社に花火を奉納するのが目的。
だからか見ているこっちにも花火ひとつひとつの重さが伝わってくる。

その目玉はなんといってもこれ。

世界一の正四尺玉

玉の大きさは直径120cmで、重さはなんと420kg。
上空800mの高さまで打ち上げられ、開いたときの直径は800mにもなる。
四尺玉だけじゃなく片貝の花火はとにかくデカいっ
打ち上げられる花火のほとんどが一尺玉で正三尺玉も3発上がる。
一尺玉が上がればちょっと名の知れた花火大会だから、そのスケールは半端じゃない。

視線を遮るものが何もない草むらに陣取っていよいよ花火大会がスタート。
いきなりドデカい花火が何発も上がる。
響き渡る轟音は周りの山で反響してまるで雷かと思うほど。
一尺玉でももの凄く大きいから三尺玉、四尺玉への期待は膨らむばかり。

まずは三尺玉。
三尺玉以上は打ち上げを知らせるサイレンが鳴る。
一瞬の静寂の後、閃光とともに1発の花火が空高く上がる。
1発でさっきまでの花火を凌駕する圧倒的な大きさ。
爆発音は思わず体がびくっとすくんでしまうくらい凄まじい。

そして四尺玉。
この花火の大きさ、音の凄さはここでは書き表せません。
ぜひぜひ自分の目で見に行ってみてください。

片貝の人たちの花火に対する情熱を感じた熱い夜でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。